Read Article

巷で話題の長文SEOは出会い系アフィでも最強なのか

ochaex1

最近SEOの話題で
上位表示には長文+追記が最も効果的!!!
っちゅう記事が話題になってるな。

おっちゃんも読んだけど、更新頻度については同意やが、
長文についてはちょっと大事な部分が抜けてるんじゃないかの。

確かに長文の記事が上位表示される傾向はあるが、
だからといってダラダラ長文書けばいいってもんじゃないで。

これを鵜呑みにして

最強のSEO対策で俺も上位表示だ!
毎日1万字の記事書いて、500文字の追記を10本!
よっしゃやるぞぉぉぉ!!!!

しかし結果、まったく売上が上がってこない…

なんてことになったらちょっと目も当てられないさかい、
おっちゃんがもうちょっと詳しく長文とSEOの関係について説明していくで。

長文が評価される理由

まず、長文が評価される傾向にある、
というのはまるっきり間違いではないんや。

でもそれは全ての長文が評価されるのではなく、
あくまでも

長文は上位表示に必要なある条件を満たしやすい

だけで、その条件を満たさない長文はGoogleはんに評価されへんで。

その条件いうのは

関連する単語が豊富に含まれていること

なんや。

例えば「出会い」だったら「合コン」「恋愛」「ナンパ」などなど…。

じゃあ何でGoogleはんは評価してくれるのかっていうと、
Gはんは権威のある人が書いた専門的で信頼できるサイト
上位に表示させたがってるからなんや。

※これをEAT(Expertise、Authoritativeness、Trustworthiness)って呼ぶんやで

このうち権威の有無は昔Google+で数値化しようとしたが、
結局うまくいかなかったみたいやな。

ほんで特に専門性のアピールに有効なのが
そのテーマの専門用語や共起語を多く含ませることなんや。

eat2

専門用語を使うことで他のサイトよりも深い情報があるということ
そして共起語を使うことでテーマへの関連性を強くアピールできるからの。

実はこれらがSEOに有効だっていうのことは
わりと昔から言われてきたことなんや。

※下記の記事は2011年に書かれたものや!

今回の記事は「上位表示してるページ」と「文章の長さ」という切り口で
相関を調べてしまったから起きた誤解やろうな。

そら文章が長いほうが専門用語や共起語も多く含まれやすいからの!

でもだからといって語彙が少ない素人が
ダラダラ長文を書いても意味が無いのは分かるやろ?

大事なのはコンテンツの専門性や!

そこんとこ勘違いして駄文のゴミの山を量産しても
徒労になってしまうから注意するんやで~。

専門性さえ高ければ上位表示できる?

ただしここで忘れてほしくないのは、
コンテンツの評価と同じくらい大事なもの、
被リンクでの評価についてや。

コンテンツの評価+被リンクでの評価=掲載順位

ものごっつう簡単にいえば上の式で掲載順位が決まるんやが、
これはキーワード単位での相対評価やからな。

コンテンツの評価だけでもライバルが弱ければ上がるし、
その逆もまたしかりや。

だから最強のSEOを語るんなら
被リンクも獲得できる仕組みがないとダメや。

だってコンテンツ評価だけじゃ
コンテンツもリンクも評価されてるライバルに勝てないからの。

ぜんぜん最強じゃないやんけ!

rrco2

このリンクとコンテンツの関係を分かりやすく図で表してみたで~。

Aは文句なしの上位表示されるべき優良サイト、
Bはコンテンツ評価されているけど被リンクが少ないサイト、
Cはコンテンツと被リンクのバランスが崩れている危険なサイト、
Dはネットの藻屑のダメサイトや。

Dはコンテンツを見直すことでBに進化するし、
Bはユーザーに評価されて被リンクが付くことで
Aに進化する可能性が残されとる。

ただし今回の記事で言われている

文章だけが長いユーザーに評価されないけどGoogleには評価されるサイト

いつまでたってもAのサイトにはなれへん

SEOで最強になるにはAの状態を目指すべきで、
それにはやっぱりユーザーからの支持が不可欠なんやな。

出会い系アフィにどう活かすべきか

例えば出会い系体験談サイトを作るとしたら、
この考えをサイト作りにどうやって活かせばいいのか。

おっちゃんは自演リンクはオススメしとらんので、
自然と↓の図のようにステップアップしていくことになるで。

rrco1

そのためには薄っぺらいライティングじゃダメで、
これでもかっていうくらい具体的に書いたり、
ちょっとひねった自分の考察を入れたりして、
他のサイトとは違う独自の価値を出してくんや。

自分で体験した一次情報をもとにして記事を作ってるんやさかい、
オリジナルの価値を出すのもそう難しいことやないはずや。

どんなメールを送ったか、掲示板はどう書くと反応が取れるか、
日記のコメントはどのタイミングがいいか、
デートでは相手はどんな服装をしてきたか…

そうやって細かく書いていけば文章中の単語数も増えるやろうし、
体験談サイトとしてのリアリティも増してくで!

そうやってごっついリアリティと独自の考察があるサイトは、
ユーザーからの支持も集まりリンクもがっぽがっぽ!

…となればいいんやが、正直1本のリンクを得るということは
思った以上にムズカシイで。

もしかしたらリンクを得るためのコンテンツを
狙って作るほうが効率がいいかも分からんな。

例えばこういうページのように、
シェアしやすいコンテンツでリンクをがっつりゲットする
っていうのもひとつの方法やな。

出会い系ジャンルで近いのはこのへんかのう…。
ただアフィサイトじゃなく広告主の発注っぽいけど。

こういうのを出会い系アフィリエイターが企画して
チャレンジしてみても面白いと思うで!

おっちゃんもこういうのやりたいという願望はあるんやが…
予算やなんだかんだでなかなか難しいもんやで…。

それじゃ今日はこのへんで!
また見てくれや~。

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. おーい。言ってる内容が間違っとるところがあるで~
    読者をだましたらあかん。

    SEOは状況が頻繁に変わるんやから、
    情報を発信する者はしっかりと情報を追って、勉強せなあかんで。

    がんばりーや!!

    • ハルさん
      コメントおおきに!
      ま、間違ってる部分があったかの…(;・∀・)
      おっちゃんちょっと内容を再確認するけど、
      もしよかったらその部分を指摘いただけると嬉しいで…つД`)・゚・。

  2. こんにちは☆

    確かに、だらだらと内容のないものを
    書いてても意味が無いかな?って
    思いました(^^)

    上のハルさんがコメントされてる内容が
    気になりますね♪

    応援ポチっと☆

  3. おっちゃんさんこんばんは!
    このサイトのテーマって何使ってるんですか?
    良ければ教えてください^ ^

よっぴ への返信 コメントをキャンセル

*
*
* (公開されません)

Return Top